寝る前のオナニーで熟睡・快眠!メリットとデメリットとは!?

一人エッチ

寝る前のオナニーで熟睡・快眠!メリットとデメリットとは!?

寝る前のオナニーで熟睡・快眠できます。

あまり良く眠れないという女性にはおすすめです。

今回は、寝る前のオナニーのメリットとデメリットや具体的なやり方をご紹介します。

寝る前のオナニーについて知りたい女性はこれを読んで参考にしてください。

寝る前のオナニーは普通!?

寝る前のオナニーは普通なのかご紹介します。

寝る前のオナニーは普通!?

寝る前にムラムラしてオナニーしたくなってしまうなんて…と思っている女性は安心してください。

もえ@見習い中
そ、そうね・・・。ある。

 

寝る前のオナニーは当たり前です。

寝る前にオナニーする人の割合は男性は10割近くで、女性も4割〜7割とかなり多め。

オナニーをするタイミングは布団に入って眠る前という女性がほとんど。

昼間は学校や仕事なのでオナニーをできない、朝は忙しくてそんな時間がないという女性も多いです。

また、昼間にオナニーをしてしまうと眠くなります。

寝る前のオナニーは朝や昼間は忙しいという女性には最適な時間でしょう。

オナニーやセックスの後に眠たくなってしまうという女性は多くいます。

私も寝る前のオナニー派です。

布団に入ってなんとなくムラムラしたからオナニーするというのもありますが、眠れない夜によく寝るためというのもあります。

寝る前にオナニーをすると、とてもすっきりして一気に眠気が来るのです。

寝る前にオナニーをすると、よく眠れるようになると答えた女性がほとんど。

布団に入ってオナニーしてそのまま眠るので効率も良く、眠れない夜にはぴったりです。

欲求不満で悶々として眠れない夜を過ごすよりも欲求を発散してゆっくりと眠った方が良いでしょう。

寝る前にオナニーをすると満たされて睡眠の効率も上がります。

朝もすっきり起きられるようになるのでおすすめです。

寝る前のオナニーは当たり前なので、安心して満足するオナニーをしてゆっくりと眠りましょう。

寝る前のオナニーで熟睡・快眠できるワケ!

寝る前のオナニーで熟睡・快眠できるワケをご紹介します。

寝る前のオナニーで熟睡・快眠できるワケ!

オナニーで運動をしているという実感のない女性は多いでしょう。

もえ@見習い中
運動に・・・なるんだ!?

 

しかし、オナニーも適度な運動です。

ダイエット効果もあると言われているので、立派な運動の一つでしょう。

寝る前のオナニーで熟睡・快眠できるワケとは脱力感に襲われるからです。

寝る前に思いっきり運動をしてしまうと、疲れすぎて眠れなくなってしまいます。

熟睡・快眠には運動が大切ですが、適度な運動というのがもっとも大切なポイント。

寝る前のオナニーは疲れ過ぎない程よい脱力感が最適です。

一日働いて疲れていても寝る前にオナニーをして程よい運動をすると、すっきりします。

もちろん、一日ぼーっとして過ごした女性も寝る前にオナニーをして程よく疲れると眠たくなるでしょう。

寝る前にオナニーをしてイクとアドレナリンが分泌される、副交感神経が働くなどの効果があります。

すると、程よい脱力感が来て眠くなるでしょう。

寝る前のオナニーにはストレス発散効果もあるので、スッキリした状態になり程よい脱力感も合わさって快眠効果に繋がるのです。

寝る前のオナニーをして脱力し眠気に襲われたところで眠ると深い眠りにもつけて熟睡できます。

寝る前のオナニーをすると熟睡・快眠できるので、もちろん朝もすっきりと起きられるでしょう。

夜にゆっくりと眠れると朝の目覚めも良くなります。

なかなか夜眠れずに悩んでいる女性は寝る前のオナニーを試してみてください。

寝る前のオナニーのメリットとデメリット!

寝る前のオナニーのメリットとデメリットをご紹介します。

寝る前のオナニーのメリットとデメリット!

まずは寝る前のオナニーのメリットからです。

もえ@見習い中
やっぱり良い面も悪い面もあるわよね。

 

・安眠できる

寝る前のオナニーの一番のメリットが安眠効果です。

オナニーとは運動のようなものなので、程良い疲れで眠気を誘ってくれます。

寝る前にオナニーをしてイクと副交感神経が働いてくれるのです。

身体も心もリラックスすると、脱力状態となります。

疲れすぎていない程良い脱力感は眠る前にぴったりです。

 

・リラックス効果がある

寝る前のオナニーにはリラックス効果やストレス解消効果もあります。

寝る前にオナニーをすると、アドレナリンという脳内物質が分泌されて、リラックス状態になるのです。

リラックスしてストレス発散した状態で眠ると、翌朝の目覚めも良くなります。

 

・時間に縛られない

寝る前のオナニーは朝に比べると時間にゆとりがあります。

時間にゆとりがあるので、イクまでゆっくりとした刺激を楽しめるのもメリットです。

ゆっくりとしたオナニーで普段触らないような場所を触ると、性感帯の開発にもなります。

寝不足にならない程度に寝る前のオナニーを楽しみましょう。

 

寝る前のオナニーにデメリットはほぼありません。

注意点

しかし、携帯を触るとブルーライトで安眠できなくなってしまう場合もあります。

また、イク直前で止めてしまうと中途半端になり眠れなくなってしまう女性もいるのです。

安眠するための寝る前のオナニーなのにやり方によっては逆効果になってしまいます。

寝る前のオナニーは正しいやり方で行うとデメリットはないので、きちんとやり方を知ってから行いましょう。

寝る前のオナニーと朝ではどちらが良い!?

寝る前のオナニーと朝ではどちらが良いかご紹介します。

寝る前のオナニーと朝ではどちらが良い!?

寝る前のオナニーと朝のオナニーではそれぞれ違うメリットやデメリットがあるのです。

もえ@見習い中
朝も意外と気持ち良かったり・・・。

 

どちらが良いとは一概には言えません。

寝る前のオナニーと朝のオナニーでは、どちらにも良いところがあります。

寝る前のオナニーと朝オナニーのメリット、デメリットをよく知ってから自分に合っている方や気分に合わせて選ぶのがおすすめです。

私は朝は時間がないので寝る前にオナニーをしています。

寝る前のオナニーと朝オナニーでしている女性が多いのは、寝る前です。

朝オナニーが悪いというわけではなく、単純に時間がない女性が多いのでしょう。

朝にシャワーを浴びている女性はそのままオナニーをする場合もありますが、朝は準備に時間を取られてしまい忙しいです。

私も朝オナニーはたまたま早く目が覚めた時くらいしかできません。

もちろん、朝オナニーにもメリットはあるので時間がある女性は朝と寝る前両方にオナニーをするのも問題ないです。

オナニーを義務のようにしてしまうとマンネリ化してしまう原因にもなります。

気分が盛り上がってしたいと思ったタイミングでオナニーをするのがベストです。

寝る前や朝などオナニーをするタイミングは決めずに、自分がしたいと思ったタイミングでオナニーしましょう。

 

朝オナニーに関しては下の記事で詳しく解説してるよ。

↓↓↓

朝オナニーで毎日充実!?女性が得られるメリット効果がすごい!【体験談あり】

朝も気持ち良いと言えばいいのよね。

 

寝る前のオナニーの気持ち良いやり方!

寝る前のオナニーの気持ち良いやり方をご紹介します。

寝る前のオナニーの気持ち良いやり方!

 

1.準備

寝る前のオナニーではすぐにそのまま寝落ちできるように準備しておきましょう。

せっかく寝る前にオナニーをしてもその後に寝る準備をすると、目が覚めてしまう場合もあります。

リラックス効果も台無しになってしまうでしょう。

寝る前にオナニーをする時にはパジャマに着替えて明日の準備をしてから始めてください。

照明は暗くして部屋は少し涼しいくらいがベストです。

オナニーをしていると暑くなってきてしまいます。

快眠のためにアロマを焚くのもおすすめです。

気分が盛り上がりリラックス効果もあります。

 

2.興奮するおかずを妄想する

寝る前のオナニーでは携帯でおかずを探すのはおすすめしません。

寝る前に携帯を触ると寝付きが悪くなってしまうからです。

目を瞑って妄想すると寝付きも良くなります。

もし妄想している最中に眠くなってしまったら無理にオナニーはせずにそのまま眠ってください。

もしどうしても寝る前のオナニーで携帯を使っておかずを探したい時にはブルーライト対策をしておきましょう。

 

3. 気持ちいい部分を刺激する

寝る前のオナニーでは、後片付けがいらない方法や楽な方法で行います。

一番おすすめなのは手です。

アダルトグッズを使うと音がうるさくて目が覚めてしまう、気持ちよすぎて興奮しすぎてしまい寝付けなくなってしまう場などの場合もあります。

寝る前のオナニーでは強すぎる刺激や激しすぎるオナニーはNGです。

手で緩やかな刺激をしてイキましょう。

中途半端な刺激で止めてしまうと余計に悶々として眠れなくなってしまう場合もあるので、一回イクくらいのオナニーがおすすめです。

 

まったりと指でクリトリスをいじるのが一番よ。

↓↓↓

指オナニーのやり方!気持ちいい!絶頂中イキもできる!?

もちろん何かを妄想しながらね。

 

4.そのまま眠る

寝る前にオナニーをしてすっきりしたら後は眠るだけ。

余計な動きはせずにそのまま眠りましょう。

どうしても気になる人はシャワーを浴びても良いですが、そのまま眠る方がおすすめです。

わざわざシャワーに行ったり、手を洗ったりしなくていいようにウェットティッシュを用意しておくと楽です。

ウェットティッシュがあれば、拭いてそのまま捨てるだけなのでとても簡単。

寝る前のオナニーでウェットティッシュは欠かせない存在です。

寝る前のオナニー体験談

寝る前のオナニーの体験談をご紹介します。

寝る前のオナニー体験談

 

なんとなく寝られない日にオナニーをしてみたら癖になっちゃいました。

ゆっくりと下着の上からクリトリスを触って、濡れてきたらそのまま下着の中に手を入れて直に……。

愛液をローション代わりにしてクリトリスを擦ってイッてます。

本当は指も入れたいけど寝る前なので我慢です。

今ではほぼ毎日寝る前にオナニーしています。

寝る前にオナニーをするとよく眠れるし、目覚めが良くて寝坊しなくなりました。

 

寝る前のオナニーをする日としない日ではする日の方が断然寝付きがいいんです。

寝る前のオナニーなので早くイクために電マを使ってます。

電マをクリトリスに当てると一分も持たずにイッてしまうので……。

その後の処理も楽にするためにコンドームを被せてます。

コンドームを被せてるので生理の日で汚れても問題ありません。

今では寝る前のオナニーが癖になってしまって毎日しています。

寝る前にオナニーをしないとなかなか寝られません。

 

なかなか寝られない日にオナニーをしたらあっという間に眠れました。

寝る前のオナニーでは、パジャマの上から胸を揉んで興奮してきたらブラジャーの上から乳首を触っています。

ブラジャーの上からでも擦れる感覚があって十分気持ちいいです。

乳首を触って我慢できなくなったら下着の上からクリトリス周辺をゆっくりと撫でます。

下着が汚れてしまいそうなほどに濡れたら直にクリトリスを触ります。

ゆっくりと時間を掛けるのでクリトリスを触る頃には興奮しててすぐにでもイキそうになっているのです。

クリトリスを触る時も激しく触るのではなくとにかく時間を掛けてゆっくりと撫で回しています。

時間を掛けているのでイク時にはすごく気持ちいいです。

オナニーが終わるとそのまま眠ってしまいます。

寝る前のオナニーが心地よくて途中で眠ってしまった経験も何度もあり、眠れない夜にはぴったりです。

寝る前のオナニーまとめ

寝る前のオナニーはリラックスやストレス発散の効果があり良く眠れるようになります。

寝る前のオナニーまとめ

寝る前のオナニーでは終わったらすぐに眠れるように明日の身支度やお風呂を済ましてから始めるのがおすすめです。

ウェットティッシュを用意しておくとオナニー終了後にシャワーを浴びる必要なくそのまま眠れます。

また、寝る前のオナニーではあまり激しくしすぎない程度にしてアロマを焚くなどの雰囲気作りにも気を使ってみましょう。

正しく寝る前のオナニーをすると、よく眠れて次の日の目覚めも良くなるのでぜひ試してみてくださいね。

-一人エッチ

Copyright© エロメス , 2020 All Rights Reserved.