吊り橋体位のやり方!意外と人気で盛り上がる!?

体位

吊り橋体位のやり方!意外と人気で盛り上がる!?

吊り橋体位のやり方をご紹介します。

意外と人気で盛り上がる体位なので、一度体験するとハマってしまうかも。

吊り橋体位はあまりポピュラーではないので、経験がない人も多いでしょう。

吊り橋体位を知らないという人もいます。

しかし、とても気持ちいいのでぜひ試してみてくださいね。

吊り橋体位とは!?

吊り橋体位とは、何かをご紹介します。

吊り橋体位とは!?

吊り橋体位は正常位や騎乗位とは違い、ポピュラーではありません。

もえ@見習い中
どんな体勢なのか全然分からない!

 

経験のない女性がほとんどです。

知らない女性も少なくありません。

48手の一つであり、形は正常位と似ています。

女性が下で男性が上という部分は正常位と変わりません。

吊り橋体位とは、正常位の形で女性が腰を浮かせて両腕だけで上半身を支えます。

横から見ると吊り橋に似ているので、吊り橋という名前で呼ばれるようになりました。

吊り橋体位を見ると由来が分かるほどに吊り橋に似ていますよね。

非常にアクロバティックで負担も大きく、長時間行うのには向いていません。

間に少し吊り橋体位を挟む程度でフィニッシュは他の正常位などで行われるのが一般的です。

しかし、二人で協力しながら行う体勢なので愛情確認にぴったり。

正常位と似ており主導権を握るのは男性ですが、女性の協力がないと吊り橋体位は上手くできません。

二人でセックスを楽しみたいカップルに吊り橋体位はおすすめです。

体の相性の良さも実感できます。

二人で協力して上手く吊り橋体位ができた時の気持ちよさは別格でしょう。

愛情がより一層深まりマンネリの解消にも効果的です。

吊り橋体位はアクロバティックで難しいと思われがちですが、コツさえ掴めば簡単にできます。

負担を減らす方法もあるので、面倒くさいと思わずに一度試して欲しいです。

奥まで刺激できて非常に気持ちいいのでチャレンジしてみてくださいね。

 

マンネリしちゃうと関係にもどんどんひびが入っちゃうから、さっさと解消してね。

↓↓↓

セックスがマンネリする原因と解消方法!打破するためにできる事!

吊り橋体位もいいけど、その前にできる事もあるかも。

吊り橋体位のやり方とコツ!

吊り橋体位のやり方とコツをご紹介します。

吊り橋体位のやり方とコツ!

アクロバティックな吊り橋体位を少し楽にする方法も合わせてご紹介するので、参考にしてくださいね。

もえ@見習い中
なんだか筋トレ状態っぽい・・・。

 

・前戯をして正常位で挿入

まずは吊り橋体位を行うための準備です。

吊り橋体位はポルチオが刺激されます。

気持ちいいと思えるようにしっかりと濡らしておきましょう。

ポルチオを刺激して慣れておくのも大切なポイントです。

準備ができたら吊り橋体位に移行しやすいように正常位から始めましょう。

 

ポルチオの場所が分からなければ、確認してね。

↓↓↓

ポルチオ性感帯って?どこにあるの!?Gスポットとの違いとは!?

場所が分かったら今度は開発していこうね。

 

・女性が腰を浮かせて両肘を立てて体を支える

吊り橋体位をする上で大事な部分であり、鬼門です。

女性が腰を浮かせて男性に腰かお尻をしっかりと支えてもらいましょう。

男性の腕に体重を掛けると負担が減り、吊り橋体位の安定感も増すのおすすめです。

肘で上半身を支えるのが難しそうであれば、無理せずに上半身を浮かせるのは止めましょう。

 

・挿入

吊り橋体位は形を作るのは難しいですが、挿入は簡単です。

女性の腰が浮いているため、挿入部分が見えやすくあまり経験がない男性でも簡単に挿入できます。

女性は体の力を抜いて足に力を入れすぎないようにしましょう。

足に力を入れると疲れやすくなってしまうだけでなく、深い挿入ができません。

吊り橋体位の醍醐味である深い挿入が楽しめなくなってしまうので注意してくださいね。

 

・ピストン運動

吊り橋体位のピストン運動は男性主体で行います。

女性の体を支えながら動かすので男性の体力も必要です。

まずは無理をせずに少しずつ吊り橋体位に慣れていきましょう。

女性も余裕があれば男性の動きに合わせて腰を揺らすようにゆっくりと前後に動かしてみてください。

吊り橋体位のアレンジ

吊り橋体位のアレンジをご紹介します。

吊り橋体位のアレンジ

吊り橋体位のアレンジは、楽にできるものが多く初心者にもおすすめです。

もえ@見習い中
私でもできるのかなぁ。

 

疲れたり難しいなと感じた時に吊り橋体位のアレンジを試してみてくださいね。

 

・上半身を浮かさない吊り橋体位

通常の吊り橋体位では肘を折り女性が上半身を持ち上げた体勢をしています。

アレンジバージョンでは女性の上半身は持ち上げずに肘を下に付けたままの状態です。

男性が女性の腰を持ち上げたままの状態なので男性の負担は変わりません。

しかし、女性は肘で上半身を支える必要がなくなるので通常の吊り橋体位よりも楽に行なえます。

通常の吊り橋体位に疲れた時に行うのがおすすめです。

吊り橋体位と同様に奥が刺激されるので、ポルチオが性感帯の女性はイキやすいでしょう。

 

・姿勢を低くする吊り橋体位

男性が女性の腰を持ち上げるのではなく、男性が正座をしてその上に女性の腰を置いて行います。

通常の吊り橋体位と比べると腰の位置が低くなり、女性の肘への負担は少ないです。

男性の太ももに負担は掛かってしまいます。

対面座位から女性が体を倒して行えるので、他の間に挟むのもおすすめ。

しかし、デメリットもあります。

男性が激しい動きができないので、大きな動作のピストン運動が好きなカップルには不向きです。

ポルチオへの刺激は可能なので、ゆっくりと奥を刺激するピストンが向いています。

通常の吊り橋体位よりも疲れにくいので長い時間行いたい時に試してみてくださいね。

吊り橋体位の注意点

吊り橋体位の注意点をご紹介します。

吊り橋体位の注意点

もえ@見習い中
翌日筋肉痛になりそう。

 

・激しくしすぎない

吊り橋体位は大きな動きのピストン運動が可能です。

しかし、激しくしすぎると抜けてしまうので注意しましょう。

また、ポルチオに当たるので激しいピストン運動は痛みを与えてしまう場合があります。

吊り橋体位を行う時は少しずつ激しくして様子を伺いながら行うのがおすすめです。

 

・怪我や筋肉痛に注意

吊り橋体位はアクロバティックな体勢です。

普段は使わない筋肉を使うので筋肉痛になりやすいでしょう。

男性に腰を支えてもらうのが不安定で腰や足に力を入れすぎて筋肉痛になってしまうケースも少なくありません。

また、肘を折り曲げて上半身を支えるので肩や肘の捻挫にも注意です。

体力に自信がない女性は無理に上半身を浮かせずに滑り台のような肘を床に付けたままの体勢で行いましょう。

吊り橋体位に慣れてきたら上半身を浮かせるのがおすすめです。

 

・男性の体力が必要

男性は女性の腰を腕で持ち上げながらピストン運動をしなければいけません。

腕力と体力が必要なので、体力に自信がない人は吊り橋体位は難しいでしょう。

セックスの経験は多くても吊り橋体位では体力が求めらるので、経験だけではカバーしきれません。

体力と腕力は必須です。

女性の腰を持ち上げて支えるのは思っているよりも腕力が必要なので気をつけましょう。

女性も男性の体力的にしんどいかなと思ったら無理に吊り橋体位を続行せずに他の体勢を試してみてくださいね。

吊り橋体位のメリット・デメリット

吊り橋体位のメリット・デメリットをご紹介します。

吊り橋体位のメリット・デメリット

まずはメリットからです。

もえ@見習い中
彼に聞いてみようかなぁ。

 

・ペニスの大きさが必要ない

吊り橋体位は女性の腰を引き寄せて行うため奥まで挿入しやすいです。

他ではポルチオに届かないときでも吊り橋体位なら刺激可能。

ポルチオイキしたい女性にぴったりですね。

 

・スポーツ的なアクロバティックさがある

48手の中でもトップクラスにアクロバティックで、まるでスポーツをしているかのようなセックスの体勢です。

吊り橋体位はダイエット効果もあるので、セックスをしながらシェイプアップできます。

アクロバティックなセックスなので、普段よりも激しいセックスが楽しめるでしょう。

 

・恋人のたくましさを実感できる

吊り橋体位は男性の体力と腕力が必要で、普段から鍛えていないと難しいです。

吊り橋体位をしていると恋人のかっこいいところを楽しめます。

普段は見られないような男らしい姿が見られるかも。

 

次は吊り橋体位のデメリットをご紹介します。

 

・長時間できない

吊り橋体位は非常に体力が必要で疲れやすいため、長時間のセックスには不向きです。

フィニッシュも難しいため途中に少し挟む程度の短い時間しか楽しめないのが難点。

どうしても吊り橋体位を長時間楽しみたいときは体を鍛えるか疲れないようにアレンジを加えるのがおすすめです。

 

・キスや他の場所への愛撫ができない

男性の両手がふさがっており、上半身も密着していないのでキスや愛撫ができません。

吊り橋体位は膣内が気持ちよくない女性は少々物足りなさを感じてしまいます。

キスや他の場所も触って欲しいときは違う体勢で楽しみましょう。

吊り橋体位の気持ちいい体験談!

吊り橋体位の気持ちいい体験談をご紹介します。

吊り橋体位の気持ちいい体験談!

 

初めて吊り橋体位というのを試してみました。

普段は正常位で挿入して騎乗位に移行して正常位でフィニッシュという一般的なセックスばかりで正直マンネリ気味……。

正常位から吊り橋体位に移行してみたら気持ちよくて驚きました。

大きなストロークでポルチオを刺激されるたびに気持ちよくて声が我慢できなくなってしまったんです。

こんな経験初めてでした。

ポルチオの刺激がすごくて大興奮です。

吊り橋体位をしたあとは普通の正常位に戻しましたが、普段よりも感じて滅多にできない中イキまでできました。

疲れるので長くはできませんが、また吊り橋体位をしたいです。

 

吊り橋体位は疲れるので、滑り台のような体勢でしてみました。

あまり大きなストロークはできませんが、私はポルチオを小刻みに刺激されるのが好きなので吊り橋体位より合っていると思います。

ポルチオ部分を小刻みに激しく刺激されていつもより早くイケました。

正直彼氏のちんこがあまり大きくないので他では物足りません……。

他ではなかなかイケず、だいたい彼氏のほうが先にイッてしまいます。

正常位に似ているのでやりやすく、吊り橋体位のアレンジバージョンを取り入れる回数は多いです。

私が何回もイケるので彼氏も喜んでくれています。

もう普通の正常位では物足りなくなってしまいました。

 

今までのセックスのなかで一番吊り橋体位が気持ちよかったです。

初めて中イキして潮吹きしたのも吊り橋体位でした。

大きなストロークでグチュグチュと濡れてる音が響くのとポルチオへの刺激がたまりません。

ドMなので彼氏に腰を掴まれて無理矢理引き寄せられるのも好きです。

イッた後もずっと続けるので声が我慢できなくて潮吹きまでしてしまいました。

吊り橋体位なら彼氏のたくましい姿を見られるのでいつもより興奮してしまいます。

彼氏が体を鍛えているので、吊り橋体位が余計に楽しいです。

これからも吊り橋を楽しみたいと思っています。

吊り橋体位のまとめ

吊り橋体位とは、正常位に似た体勢で女性が腰を浮かせて肘で上半身を支えて行います。

吊り橋体位のまとめ

男性が女性の腰を支えてピストン運動するので、大きなストロークやポルチオへの刺激が可能です。

ポルチオが性感帯の女性におすすめ。

アクロバティックなので、長時間楽しめないのが難点。

筋肉痛や怪我に注意が必要です。

吊り橋体位がきついときには女性が肘を床につけたまま低めの体勢で行うなどのアレンジがあります。

吊り橋体位は難しいと思われがちですが、コツを掴めば簡単でとても気持ちいいので試してみてくださいね。

-体位

Copyright© エロメス , 2021 All Rights Reserved.